アンケート & プレゼント

全葬連葬儀事前相談員

お葬式のことは全葬連葬儀事前相談員がご相談に乗ります

お葬式のことがよくわからない、どんな準備をすればいいのか費用はいくらくらいなのか・・・・・
お客様からのお葬式に対する様々な疑問に、葬祭サービス事業者として真摯な姿勢で誠実にお答えするために「全葬連葬儀事前相談員資格制度」は生まれました。



全葬連葬儀事前相談員が在籍する葬儀社は本ページの「加盟葬儀社検索」でお探しいただけます。

葬祭コーディネーターコンテスト

全葬連では、葬儀業者の社員の自己の知識、実演の技術内容・水準だけでなく、消費者・生活者の立場を尊重・理解すること、お客様にどのような印象を与えているかなどの確認を行うことを目的として、毎年組合員を募り開催しております。
平成26年度で10回目を数えます。

葬祭コラム

葬祭コーディネーターコンテスト

1.  葬祭コーディネーターコンテストとは

 自己の知識、実演の技術内容・水準だけでなく、消費者・生活者の立場を尊重・理解しながら、お客様にどのような印象を与えているかを確認、またコンテストを通じ吸収したものを、これからの業務活動に活かし、さらなるスキルアップを図ることを目的とし、毎年1回開催しています。

2.  葬祭コーディネーターコンテスト出場資格

  1. 葬祭実務経験を2年以上有する者
  2. 一般葬祭専門士資格保有者(全葬連団体内資格)
  3. 葬祭経営士資格保有者(全葬連団体内資格)
  4. 全葬連葬儀事前相談員資格保有者(全葬連団体内資格)
  5. 葬祭ディレクター技能審査資格2級以上の保有者
  6. 全葬連所属組合員の事業所が、技能・能力・経験があると認めた者。

※ 前年度の入賞者(最優秀賞・優秀賞・審査員特別賞)、歴代最優秀賞受賞者の出場はできないものとする。

3.  葬祭コーディネーターコンテストの流れ

 試験は、予選の筆記試験があり、その後、予選上位による本選の実技試験を行います。
 予選の筆記試験内容としては、消費者が必要とする情報や知識を総合的に判断するものとなります。日常的にお客様に質問されることはもちろん、「葬儀概論」や一般の消費者向けに書かれた書籍にある内容、一般常識について把握していることが求められます。
 また、これまでの実技試験では、「信頼感」、「共感力」、「提案力」について審査し、「事前相談」「エンディングノート」「葬祭サービスガイドライン」等の説明をテーマとして実施しています。

[ 講習の模様 ]

[ 実技試験の模様 ]

4.  これまでに審査官をして頂いた主な方々  (敬称省略・肩書は当時)

   ○ 経済産業省 商務情報政策局サービス産業課 企画官 中内 重則 氏
   ○ 財団法人全日本仏教会 事務総長 深澤 信善 氏
   ○ 財団法人全日本仏教会 事務総長 戸松 義晴 氏
   ○ 公益財団法人全日本仏教会 事務総長 関﨑 幸孝 氏
   ○ 財団法人日本消費者協会 教育企画部教育課 課長 佐伯 美智子 氏
   ○ 社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会
       常任理事・消費者相談室長 唯根 妙子 氏
   ○ サービス産業生産性協議会 主席コンサルタント 幸田 千栄子 氏
   ○ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 主任研究員 豊島 竹男 氏

5.  葬祭コーディネーターコンテストに関する新聞記事・テレビニュース

 葬祭コーディネーターコンテストに関する新聞記事・テレビニュースの一部をご紹介します。

[ コンテスト開催についての新聞記事 ]

[ コンテスト開催についての新聞記事 北国新聞(2014/3/15) ]

[ コンテスト開催についての新聞記事 ]

[ コンテスト開催についての新聞記事 ]

[ NHK放送(首都圏ネットワーク) ]
平成26年3月12日 第9回葬祭コーディネーターコンテスト

[ NHK放送映像(FLASH) ]
平成19年3月14日 第3回葬祭コーディネーターコンテスト

[ NHK放送映像(FLASH) ]
平成20年3月13日 第4回葬祭コーディネーターコンテスト

ページトップへ戻る