アンケート & プレゼント

全葬連葬儀事前相談員

お葬式のことは全葬連葬儀事前相談員がご相談に乗ります

お葬式のことがよくわからない、どんな準備をすればいいのか費用はいくらくらいなのか・・・・・
お客様からのお葬式に対する様々な疑問に、葬祭サービス事業者として真摯な姿勢で誠実にお答えするために「全葬連葬儀事前相談員資格制度」は生まれました。



全葬連葬儀事前相談員が在籍する葬儀社は本ページの「加盟葬儀社検索」でお探しいただけます。

葬祭コーディネーターコンテスト

全葬連では、葬儀業者の社員の自己の知識、実演の技術内容・水準だけでなく、消費者・生活者の立場を尊重・理解すること、お客様にどのような印象を与えているかなどの確認を行うことを目的として、毎年組合員を募り開催しております。
平成26年度で10回目を数えます。

葬祭コラム

全葬連の概要

全葬連ロゴ

全葬連は
いのちの尊厳
ご遺族の悲しみ
一人ひとりの生活者の身になったサービス
を何よりも大切に考える
葬儀社のネットワークです

 昭和31年(1956年)11月、東京・築地本願寺にて全国10都道府県16事業者団体が集まり、第1回の全日本葬祭業協同組合連合会大会が開催されました。発足時の加入組合は13、構成組合員は851名でした。
 葬祭業という職業が社会的に必要不可欠であること、その地位の向上、競争力強化による経営の安定、葬祭文化の発展を旗印にした出発でした。
 昭和50年(1975年)2月、東京・高輪プリンスホテルにて通産省(当時)認可全日本葬祭業協同組合連合会の創立総会が全国28事業協同組合、所属員926名をもって開催されました。
 葬祭文化が大切な儀礼であること、所属員の相互扶助による安定成長、経済社会への貢献、事業者の社会的地位の確立を訴えました。
 創立以来全葬連は、葬祭専門事業者団体として、幅広い組織化、共同購買事業、業界の健全な発展、葬祭事業の近代化、業界の倫理確立と地位向上、人材の育成による葬祭従事者の資質の向上、阪神・淡路大震災、東日本大震災等における災害時の緊急支援活動等に努めてきました。
 平成29年8月現在、会員 全国59事業協同組合、所属員 1,341名という、名実ともに日本最大の葬祭事業者の組織となっています。

全葬連の情報一覧

団体名

住所

地図

TEL

FAX

創立年月日

改組年月日

通産大臣認可番号

通産省認可年月日

根拠法規

所管省庁

会員数

所属員数

加盟団体

賛助会会員団体

全日本葬祭業協同組合連合会 (略称:全葬連)
All Japan Funeral Directors Co-Operation

〒108-0075
東京都港区港南2丁目4番12号 港南YKビル4階

03-5769-8701

03-5769-8702

昭和31年11月19日「全日本葬祭業組合連合会」として創立(創立62年)

昭和50年2月25日 現在名に改組

50産第1784号

昭和50年4月24日(認可42年)

中小企業等協同組合法

経済産業省商務情報政策局サービス政策課

全国59事業協同組合(平成29年8月現在)

1,341社(平成29年8月現在)

全国中小企業団体中央会、
国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)
※現在 松井昭憲全葬連会長が国際葬儀連盟第1副会長を務める。

公益財団法人全日本仏教会、
公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会