アンケート & プレゼント

全葬連葬儀事前相談員

お葬式のことは全葬連葬儀事前相談員がご相談に乗ります

お葬式のことがよくわからない、どんな準備をすればいいのか費用はいくらくらいなのか・・・・・
お客様からのお葬式に対する様々な疑問に、葬祭サービス事業者として真摯な姿勢で誠実にお答えするために「全葬連葬儀事前相談員資格制度」は生まれました。



全葬連葬儀事前相談員が在籍する葬儀社は本ページの「加盟葬儀社検索」でお探しいただけます。

葬祭コーディネーターコンテスト

全葬連では、葬儀業者の社員の自己の知識、実演の技術内容・水準だけでなく、消費者・生活者の立場を尊重・理解すること、お客様にどのような印象を与えているかなどの確認を行うことを目的として、毎年組合員を募り開催しております。
平成26年度で10回目を数えます。

葬祭コラム

特約店・協力店広告

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs Sustainable Development Goals)とは 、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

全葬連 SDGs達成への取り組み

全日本葬祭業協同組合連合会はSDGs持続可能な開発目標の達成による「より良い世界」づくりに取り組んでいます。
私たちの取り組みを紹介します。

目標 全葬連の取り組み
各自治体で実施している生活保護を受給されている方に対しての葬祭扶助制度への全面協力
全国事業者大会における行政・社会福祉団体に対する寄付・支援等
ご家族と死別されたご遺族の悲嘆(グリーフ)の心情を深く配慮し、葬儀を施行する
施設内のウイルス対策の実施
葬祭ホール等にAEDを設置
葬祭ホール等において「建物内禁煙」として受動喫煙の防止
資格制度「全葬連葬儀事前相談員資格認定」の推進
資格制度「葬祭ディレクター」の推進
各単組・各所属員による「コンプライアンス研修」・「人権研修」等の開催
所属員向けオンラインセミナーサイトの構築
地域の消費者向け「終活セミナー」の提供
いかなる‘いのち’も、差別や偏見なく等しく尊重する
すべての故人は、基本的人権を尊重されるべきであり、弔われ、葬儀を受ける権利がある
どのような場合にあっても、ご遺体に対して敬意を払い、その尊厳を守るよう努める
葬儀を行うにあたり、故人およびご遺族の、それぞれの生き方、信仰、信条、価値観、意思を尊重する
働き方改革(性別問わず同一労働同一賃金 / 労働時間の改善/ ITツール導入による生産性向上など)
家事や出産、育児に対する積極的な支援も行い「性差別なく平等に活躍出来る社会」実現
女性の活躍推進
ハラスメント研修の開催
施設内における節水、節電
施設内における節水、節電
葬祭ホール・事務所の照明にLED電球を使用し、電力使用量を削減することにより火力発電のCO2排出削減
葬祭ホールの屋上等に太陽光パネルを設置し「再生可能エネルギー」を作り出す
PCの省エネモード活用
すべての従業員が経済的にも心理的にも幸せを感じられる“働きがいある職場”を実現する
災害復旧・復興への支援
いかなる‘いのち’も、差別や偏見なく等しく尊重する
すべての故人は、基本的人権を尊重されるべきであり、弔われ、葬儀を受ける権利がある
どのような場合にあっても、ご遺体に対して敬意を払い、その尊厳を守るよう努める
葬儀を行うにあたり、故人およびご遺族の、それぞれの生き方、信仰、信条、価値観、意思を尊重する
宗教宗派に則って葬儀を行う場合には、当該宗教宗派の儀礼、意向を尊重し、侵害しない
ユニバーサルマナー検定の取得推進
葬祭ホール等のバリアフリー化
災害協定(大規模災害・事故が発生した場合、ご遺体の保全、搬送や棺・納体袋をはじめとした物資の拠出等支援活動を行う)
清掃活動やイベントなど、社会貢献・地域貢献活動に参加
葬儀の返礼品、式場料理の食材に地産品を積極的に利用
再生可能資源のリサイクル(ゴミを出さない工夫)
生産者等と連携し、フードロスを削減する
賞味期限が近い返礼品をフードバンクに寄付
食用廃油を利用したリサイクル石けんを使用
CO2の排出削減に向けて、ペーパレス化を目指す
施設内への自然災害発生時の避難経路表示
海や生態系を破壊するマイクロプラスチック削減とその他様々な環境保護活動を推進
食用廃油を利用したリサイクル石けんを使用
紙ストローの利用などプラスチック商材の削減
施設へ庭園、植栽を設ける
紙の再利用とペーパーレス化の推進
いかなる‘いのち’も、差別や偏見なく等しく尊重する
すべての故人は、基本的人権を尊重されるべきであり、弔われ、葬儀を受ける権利がある
どのような場合にあっても、ご遺体に対して敬意を払い、その尊厳を守るよう努める
葬儀を行うにあたり、故人およびご遺族の、それぞれの生き方、信仰、信条、価値観、意思を尊重する
宗教宗派に則って葬儀を行う場合には、当該宗教宗派の儀礼、意向を尊重し、侵害しない
世界88か国が加盟する国際葬儀連盟(FIAT-IFTA)、行政、関係団体間のグローバルなパートナーシップの構築