アンケート & プレゼント

全葬連葬儀事前相談員

お葬式のことは全葬連葬儀事前相談員がご相談に乗ります

お葬式のことがよくわからない、どんな準備をすればいいのか費用はいくらくらいなのか・・・・・
お客様からのお葬式に対する様々な疑問に、葬祭サービス事業者として真摯な姿勢で誠実にお答えするために「全葬連葬儀事前相談員資格制度」は生まれました。



全葬連葬儀事前相談員が在籍する葬儀社は本ページの「加盟葬儀社検索」でお探しいただけます。

葬祭コーディネーターコンテスト

全葬連では、葬儀業者の社員の自己の知識、実演の技術内容・水準だけでなく、消費者・生活者の立場を尊重・理解すること、お客様にどのような印象を与えているかなどの確認を行うことを目的として、毎年組合員を募り開催しております。
平成26年度で10回目を数えます。

葬祭コラム

メディア掲載情報一覧平成30年度

平成30年11月1日 発行

ニッポン消費者新聞

 「ニッポン消費者新聞」(発行・日本消費者新聞社)11月1日号に、第63回全国<熊本>大会の記事が掲載されました。

[ ニッポン消費者新聞11月1日号 ]

ページトップへ戻る


平成30年11月1日 発行

週間仏教タイムス

 「週間仏教タイムス」(発行・仏教タイムス社)11月1日号に、第63回全国<熊本>大会の記事が掲載されました。

[ 週間仏教タイムス11月1日号 ]

ページトップへ戻る


平成30年10月19日 付

中外日報

 中外日報(10月19日付)に石井時明会長が10月11日に神道大教(東京都港区)で開催された「いのちの重さを考える」公開講演会にて、「命の大切さを考える~弔いに携わるものとして~」と題して行った講演についての記事が掲載されました。
 石井会長は講演の中で、「葬儀社の使命は心穏やかに故人をお送りすること。遺族、会葬者、宗教者の方がそろって初めて”良いお葬式だった”と思ってもらえる」と話しました。

[ 中外日報(10月19日付) ]

ページトップへ戻る


平成30年9月1日 発行

ニッポン消費者新聞

 「ニッポン消費者新聞」(発行・日本消費者新聞)9月1日号に、全葬連葬祭サービスガイドラインについて、石井時明会長のインタビュー記事が掲載されました。

[ ニッポン消費者新聞9月1日号 ]

ページトップへ戻る


平成30年8月10日 発行

産経新聞出版 終活読本「ソナエ」 2018年夏号

 産経新聞出版の終活読本「ソナエ 2018年夏号」が8月10日に出版されました。 全葬連加盟店では、お見積りをはじめ、お葬式に関するご相談等を受け付けております。 お気軽に全葬連本部、都道府県の葬祭業協同組合、または各加盟店へご相談ください。

[ ソナエ 2018年夏号 ]

ページトップへ戻る


平成30年8月04日 放送

ラジオ番組「終活ラジオ ソナエ」(大阪市・ラジオ大阪OBC放送)に出演

 このたび、和合健一常務理事が8月4日放送のラジオ番組「終活ラジオ ソナエ」(大阪市・ラジオ大阪OBC放送)に出演しました。 番組は、家族葬の普及など葬儀の簡素化や、納骨堂、樹木葬などお墓の多様化の時代を迎え、「終活」への関心が高まっている中で、 産経新聞社終活読本「ソナエ」で紹介している記事をもとに葬儀、お墓から遺品整理、健康、相続など、終活全般について、毎回ゲストを迎えて紹介しています。
 8月4日の放送は「お盆」をテーマとした内容で、和合常務理事は関西を中心とした地域のお盆に関わる風習などについて話しました。 また、葬儀社選びのポイント、阪神・淡路大震災や東日本大震災など災害時の全葬連の支援活動や葬祭サービスガイドラインなどの取り組みについて説明し、「私共全葬連には地域密着型の葬儀社が集まっており、 地域事情にとても詳しく、お客様のご要望を丁寧にお聞きして安心できるお葬儀を執り行うことができますのでお気軽にご相談ください」とリスナーに呼びかけました。
放送の内容は、以下から聴くことができます。

[ ラジオ番組「終活ラジオ ソナエ」に出演した和合健一常務理事 ]

ページトップへ戻る


平成30年7月9日 発行

「終活Cafe with葬祭流儀」 2018年度版

「終活トピックス」(濵名副会長、南事務局長のインタビュー記事掲載)

終活Cafe with葬祭流儀(7月9日発行)の「終活トピックス」に、全葬連の濵名雅一副会長、南事務局長のインタビュー記事が掲載されました。

濵名副会長は、「満足できる葬儀、後悔しない葬儀にするためには、どのような葬儀にしたいのかを家族が元気なうちにしっかりと話しておくことが大切です。 葬儀のことはわからないという方は、葬儀のプロである葬儀社を訪ねて、どのような葬儀があるのかを聞き、希望を伝えるプランを提示してもらうとよいでしょう。」 などとコメントしています。

また、南事務局長は、「本来お葬式には、社会的役割、心理的役割、教育的役割があります。 こういった本来の意味を改めて知っていただいた上で、それぞれのご家庭ではどんな葬儀形態が合っているのかを考えておくことをおすすめします。 葬儀には大別すると家族葬、一般葬、直葬の3形態があるといえます。 後々、後悔しないように各々の形態の特徴や長短所を知って最適な葬儀選びをしてください。」 などとコメントしています。

[ 終活Cafe with葬祭流儀 2018年度版 ]

ページトップへ戻る


平成30年5月1日 発行

ニッポン消費者新聞

 「ニッポン消費者新聞」(発行・日本消費者新聞)5月1日号に、全葬連葬祭サービスガイドラインについての記事が掲載されました。

[ ニッポン消費者新聞5月1日号 ]

ページトップへ戻る


平成30年4月17日 発行

産経新聞出版 終活読本「ソナエ」 2018年春号

 産経新聞出版の終活読本「ソナエ 2018年春号」が4月17日に出版されました。 全葬連加盟店では、お見積りをはじめ、お葬式に関するご相談等を受け付けております。 お気軽に全葬連本部、都道府県の葬祭業協同組合、または各加盟店へご相談ください。

[ ソナエ 2018年春号 ]

ページトップへ戻る